頼れる親友の巨乳JKが私の誇り…って、レズHは違うでしょ~!!!




エロ漫画の詳細

作者 ジョン・K・ペー太
作品 私立ハメ穴学園
出版社 コアマガジン

あらすじ

マズったなぁ…部活の居残りが長引いちゃって文化祭のお化け屋敷の準備に遅れちゃったよ(汗)クラスのみんなは怒って帰っちゃうし…でも一人だけ残って手伝ってくれる私の親友!昔から困った時はいつも助けてくれる彼女はこんがりと健康的に日焼けしてるJKの私が誇れるただ一つの事ね!そんな親友の助けに少しでもなりたいし、ずっと片思いの相手がいるなら思い切って告白してお化け屋敷に連れて来なよ♪私がお化け役で驚かせて二人の仲が上手くいくように全力で手伝っちゃうよ♪なんて言ったんだけど…ん?私と親友が一緒にお化け屋敷に入ると驚かす役がいなくなる?あれ?会話おかしくない?好きな人をって言ったのになんで私と親友の組み合わせでお化け屋敷に?私が理解できないボケなのかしら?って、ホントに告白だった!?そんな高レベルのボケはやめてよ~!!私の頭に合わせたジョーダンをいってもらわないと…ワーオ!!頬を赤らめてるから冗談じゃなさそー!!しかももっといい学校に進学できたのに私を選んで今の学校に進学?お…重いな~(汗)で、でも私たち、女の子同士だよ!気持ちは嬉しいけどやっぱり…そうよね。ちゃんと話せば分かって…ドワォっ!!体だけの関係でも全然オッケーなんて言い出してる!?ちょっ、ちょっと落ち着いて、ダメだよッ!女の子同士でこういう事は変だよ!!私のオマンコを見るの止めて~♡♡♡

本編

私立ハメ穴学園のエロ漫画_1
私立ハメ穴学園のエロ漫画_2
私立ハメ穴学園のエロ漫画_3
私立ハメ穴学園のエロ漫画_4
私立ハメ穴学園のエロ漫画_5
私立ハメ穴学園のエロ漫画_6
私立ハメ穴学園のエロ漫画_7
私立ハメ穴学園のエロ漫画_8
私立ハメ穴学園のエロ漫画_9
私立ハメ穴学園のエロ漫画_10

管理人レビュー

ダメだこの親友w唯一誇れると信じていた日焼けっ子が馬鹿みたいじゃないですか(汗)完全に危険人物だった親友にナニされちゃうんですかねwww


コメント

コメントする

目次